パーキンソン病の保険

パーキンソン病の保険

パーキンソン病の保険 自律神経症状として便秘、起立性低血圧、垂涎などの消化器症状、食後性低血圧、あぶら顔、発汗過多、排尿障害、勃起不全などがある。 感情鈍麻はパーキンソン病のうつ症状に合併することがおおいが、単独でも現れる。 精神症状としては、快感喪失 (anhedonia)、感情鈍麻 (apathy)、不安、精神症候(特に幻視)、うつ症状、認知障害を合併する場合が多い。 うつ症状はパーキンソン病の精神症候のなかで最も頻度の高い症候とされてきたが、実際の頻度については定説がない。 幻視も頻度のたかい精神症候である。 最ももちいられている数値は約40%である。 この症候は抗パーキンソン薬による副作用とかんがえられてきたが、近年ではそれだけでなく、内因性・外因性の様々な要素によってひき起こされるとする考え方が有力になっている。 無動のため言動がにぶくなるため、一見して認知症またはその他の精神疾患のようにみえることもあるが、実際に痴呆やうつ病を合併する疾患もあるため鑑別をようする。 以前は特殊な例をのぞき認知障害は合併しないといわれていたが、近年では後述のように認知障害をともなうパーキンソン病の例がおおいとみなされるようになっている。