パニック障害の保険

パニック障害の保険

パニック障害の保険 疫学的には、生涯有病率1.6%–2.2%といわれる。 従来は心理的な葛藤が根本にあるとおもわれてきた。 日本では0.8%であった。 近年、認知行動療法の有効性が明確となり、心理的「原因」よりも、症状にたいする患者の対処が症状進展のメカニズムとしては重視されるようになった。 パニック障害の重症度はさまざまであり、軽度の患者もいれば重度の患者もいる。 また薬物療法の有効性も確認されており、生物学的因子があるという意見もつよくなっている。 なお、パニック障害にうつ病が併発する場合がすくなくはなく、日本では約5–6割、欧米では約5–6割といった統計もだされている。 重症例では、適切な治療をうけないまま経過すると、数年間にわたって外出できないなど、日常生活や社会生活におおきく支障をきたす場合もある。