ギランバレー症候群の保険

ギランバレー症候群の保険

ギランバレー症候群の保険 前駆症状として、扁桃炎、咽頭発赤、急性結膜炎、感冒症状(咽頭痛や微熱など)、急性胃腸炎、が見られる。 全例の約3分の2で先行感染がみとめられる。 これらの症状は通常は神経症状出現の1~3週間ほどまえに認められる。 症状の程度は様々だが、運動神経の障害がおもで初発症状は下肢の筋力低下からおこることが多い。 四肢麻痺は、遠位筋に強くあらわれる。 その後、下肢から体幹部にむかい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。 呼吸筋の麻痺がおこると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。 特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることもおおい。 運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害もおこす。 両側性の顔面神経麻痺や外眼筋障害などといった脳神経症状や、構音障害や嚥下障害などの球麻痺症状、自律神経障害をともなうことがある。 自律神経障害は突然死の原因になり、麻痺による長期臥床は肺梗塞の原因になりいずれも致死的であり注意が必要である。