てんかんの保険

てんかんの保険

てんかんの保険 てんかんは古くから存在がしられる疾患のひとつで、古くはソクラテスやユリウス・カエサルが発病した記録がのこっており、各国の疫学データでは発症率が人口の1%ほどとなっている。 てんかんはとくに全般発作時の激しい全身の痙攣から、医学的な知識がない時代には狐憑きなどに代表されるつき物が憑依したと誤認され、ときに周囲に混乱を起すことがあり差別の対象となることがある。 むかしは「子供の病気」とされていたが、近年の調査研究で、老若男女関係なく発症する可能性があるとの見解もしめされ、80歳をすぎてから発病した報告例もある。 疾患の原因は脳の損傷や神経の異常と見られている。 てんかん発作の原因としては、頭部外傷、出産前後の酸素不足、脳卒中、脳の発生異常、脳の感染症、てんかんに関連した遺伝子の異常などがある。 原因がわかったものを症候性てんかん、わらないものを真性てんかんという。 これに発作を誘発する因子(過呼吸、光刺激、精神的ストレス、睡眠不足、身体的ストレス、月経周期に関連したホルモンの変動、ある種の投薬など)がくわわることで発作が起きる。 てんかん発作をもつ人でもその7割以上は発作が完全に抑制されており、とくに問題のない健全な生活をいとなむことが出来る。