顔面神経痛の保険

顔面神経痛の保険

顔面神経痛の保険 顔面神経はわらったり、口をとがらせたりする様々な顔の表情を作っている表情筋と呼ばれる筋肉をうごかす働きをします。 顔面神経がなんらかの原因で傷害されると表情筋がうごかなくなり顔面神経麻痺となります。 表情筋は顔の片側に20個ほど存在し、両側に対称的にならんでいます。 通常、麻痺は片側の顔面におこるため、笑ったりすると顔がゆがんでしまいます。 顔面神経麻痺を顔面神経痛といい来院される患者さんがおられますが、顔面神経痛は三叉神経の異常ないたみで、ペインクリニックなどで治療される疾患です。  顔の神経には顔面神経のほか、顔の知覚をかんじたり、物を噛む筋肉(そしゃく筋)をはたらかしたりする三叉(さんさ)神経があります。