躁病の保険

躁病の保険

躁病の保険 躁病は、薬物の使用によってひき起こされることがある。 この状況における躁病の診断は、たいてい一時的なものであり、患者が薬物を使用した状況外で躁病が発生しない場合は、双極性障害と診断しないことおおい。 薬物をやめる際には心のなかが躁状態になる。constant racing of the mindなど。 医原性・レクリエーション による薬剤誘発性の軽躁病に関連し、精神安定剤の離脱、精神安定剤の依存性、や長期ベンゾジアゼピン離脱症候群について、問題のよりひろい理解を得るために、患者は "The Ashton Manual" を参照すべきである。 ベンゾジアゼピンの服用中や離脱の際には、明らかに軽躁病の徴候/症状を引きおこすであろう。