蓄膿症の保険

蓄膿症の保険

蓄膿症の保険 蓄膿症は鼻の病気としてしられていますが、厳密に医学的な解説をすると「蓄膿症というのは別の部位の病気をさしている」のです。 蓄膿症つまり、膿が蓄積する症状というわけです。 本来は胸腔、虫垂、子宮、髄膜、関節、胆嚢などがそれにあたり、それぞれの体の空洞(体腔)に膿がたまっている状態を蓄膿症といいます。 急性のものは蓄膿症とはいいません。 そういった意味あいがありますので、私たちが普段鼻の病気としてよんでいる蓄膿症は、「慢性的な副鼻腔炎」のことだけをしめしています。