脳血栓の保険

脳血栓の保険

脳血栓の保険 脳の血管で動脈硬化がすすむにつれ、徐々に血管の通路がせまくなります。 脳梗塞とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血をきたし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死にちかい状態になる事をいう。 せまくなった通路を通らなければならない血液はかたまりやすい状態になり、やがて血の塊 (血栓) ができます。この血栓が、脳の血管につまって起きる病気で、脳梗塞の 1 つです。 また、それによる諸症状も脳梗塞とよばれる事がある。 それに対して、緩徐に進行して認知症(脳血管性認知症)などのかたちをとるものもある。 なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものもふくめ、一般に脳卒中とよばれる。