脳梗塞の保険

脳梗塞の保険

脳梗塞の保険 アテローム血栓性脳梗塞はほかの病型よりも一過性脳虚血発作が先行しやすいといわれている。 内頸動脈病変では一過性黒内障が有名である。 閉塞動脈の支配領域の症状を繰りかえしやすいという特徴がある。 これは眼動脈、網膜中心動脈領域の虚血がおこり、患側の視力が一過性に消失する。 椎骨動脈では回転性めまいや嘔吐、構音障害がおこりやすい。 典型的にはカーテンが目の前におりて行くように暗くなると患者は訴える。 発作の頻度が重要であり、短時間に頻回おこっている場合はcrescendo TIAとよばれ、主幹動脈の高度狭窄の存在が示唆される、持続時間の延長は脳梗塞の危険が切迫しているとかんがえられる。 アテローム血栓性のTIAならば抗血小板薬を、心原性やcrescendo TIAでは抗凝固療法をおこなうことが推奨されている。 初回TIAが起こってから1か月以内が脳梗塞が起こりやすいといわれており、特に近年の研究ではTIA発症後48時間以内に脳梗塞を発症することがおおい(90日以内発症例のうちの約半数)いるため、入院精査と治療が必要といわれている。