持病・病歴で加入できる生命保険

精神及び神経・脳などの疾患の保険

精神及び神経・脳などの疾患の保険 精神疾患は、世界保健機構WHOの国際疾患分類ICD-10や、アメリカ精神医学会の統計的診断マニュアルDSM-IVにおいて、網羅的に分類されている。 知的障害やパーソナリティ障害は、広義の精神疾患(DSM-IVのII軸)にふくまれるが、知的障害は、療育・教育・福祉などの領域で対象とされる場合がおおく、パーソナリティ障害は犯罪をおこなった際に犯罪精神医学や司法精神医学の領域で問題となる場合がおおい。 このうち、本項では医療の領域で治療の対象となるおもな疾患について記述している。 第二次世界大戦以前は先進国をふくむ多くの国家で迫害の対象であったが、現在そのような政策をとっている国は稀である。 妄想に執着して生活に支障をきたし、他者を巻き込むこともおおく、心的・内向的には自閉症やパニック障害など、物的・外向的には自傷他害行為あるいは自殺にまでおよぶこともある。