脳動脈瘤の保険

脳動脈瘤の保険

脳動脈瘤の保険 治療をおこなう場合には、開頭術(クリッピング)あるいは血管内治療(コイリング)を検討する。開頭術にはクリッピング困難時にトラッピング、親動脈近位部閉塞術をおこなう。 血管内治療において治療後も不完全閉塞や再発などについての経過観察が必要であり、開頭クリッピングも完全に成功したとしても再発や新生にてクモ膜下出血が20年間で12%みとめられるため経過観察は必要である。 それすら困難なときは動脈瘤被包術(コーディング術、ラッピング術)などを考慮する。血管内治療は外科的治療のリスクがたかい症例で選択されることが多く、高齢者や多発性動脈瘤で有利であるが、逆にneckのひろい動脈瘤や大型動脈瘤では再開通率がたかく不利である。 ISAT試験、CRAT試験では、クリッピングとコイリングの治療法の効果にはおおきな差がなかったとの報告があった。