神経症の保険

神経症の保険

神経症の保険 最近はDSM-IV-TRやICD10などの記述的な診断基準(病気の原因によってでなく症状によって診断するもの)が主流となっているため、臨床的診断として神経症が使用されることはすくなくなった。 神経症の病名が使用されることがすくなくなった理由として、記述的な診断基準の台頭にくわえて、精神疾患の生物学的メカニズムがあきらかにされたことや薬物療法の進歩もあげられる。 特に精神医学界では表立ってつかわれてはいない。 また神経症という名称は器質性ではないかるい精神疾患全般に使われる言葉であったため、その拡大された使用法や曖昧な意味が問題となり、DSM-Ⅲ-TRから徐々に使用されなくなったといわれている。 たとえば、かつて強迫神経症といわれていたものは超自我や肛門期固着などで解釈され、心理療法が治療の主体であったが、SSRIなどの薬物が有効であることや脳のセロトニン系の異常があきらかになり、強迫性障害と名をかえた。