強迫神経症の保険

強迫神経症の保険

強迫神経症の保険 いずれの強迫神経症の症状も完全欲のつよさや心配性といった神経質性格の特徴が、その根底にあると考えてよいと思います。 対人恐怖症の場合は社会からおちこぼれたり人間関係がくずれるといった「社会的な死の恐怖」が、その背景にあるものです。 カギをしめ忘れたのではないかと心配になることは、誰にでも多かれすくななかれあるものですが、これが過度に強くなり、何度も同じ行動を繰りかえしてしまうといった強迫行為が慢性的になった状態が、強迫神経症だといっても良いのではないでしょうか。 これに対して、強迫神経症の場合は自分自身の「精神的な死の恐怖」が根底にあり、これが原因となっておこる症状だと言っていいのではないかと思います。 また、不安神経症の場合は、このまましんでしまうのではないかといった「直接的な死の恐怖」が背景にあるものです。