中枢性顔面神経麻痺の保険

中枢性顔面神経麻痺の保険

中枢性顔面神経麻痺の保険 中枢性の顔面神経の麻痺とは、核上・核下・核性に分けられます。 核上性は脳血管障害などでも発症しますが、口を動かす筋肉(口輪筋)は額を動かす筋肉(前頭筋)は麻痺しない事が症状としておおいとされます。 顔面神経核より中枢側で神経障害されるものを核上性、核自体の障害を核性、橋(脳幹)内部での神経障害を核下性といいます。 これは顔面上部の筋肉(オデコの筋肉)が左右両側の神経支配をうけているからで、核上性では(青色線の神経は遮断されないので額の皺寄せや眼を強くと閉じる動作は出来る)口を強くとじる口輪筋は麻痺する、、核下性では、片側全てが麻痺する場合がおおいとされます。脳幹(橋)内部で障害される場合がおおいとされています。