不眠症の保険

不眠症の保険

不眠症の保険 多くの不眠症は睡眠に睡眠薬や鎮静剤にたよっており、豪州での調査では不眠のケースの95%に処方されていることがわかった。 ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン睡眠薬は、日中の倦怠感・自動車事故・認知機能の低下による骨折など、数々の副作用を引きおこす。とくに高齢者はこれらの副作用に敏感である。 ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン睡眠薬は、身体依存を引きおこし、慎重に断薬しないと離脱症状を引きおこす。 非ベンゾジアゼピン系のゾルピデムとザレプロンは、睡眠維持の有効性が実証されていない。 体系的に比較すると、ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピンについて、抗うつ薬よりもおおきく同様の効果はもっていないことが分かった。 いくつかのベンゾジアゼピンは短期的には睡眠維持の有効性がしめされているが、長期的には耐性をひき起こし薬物依存を起こす。 ベンゾジアゼピンは副作用を超える統計的有意差をもっていない。 慢性服薬者のほうが、薬を服用しない人より定期的な夜間覚醒がおおい。 慢性的な不眠薬服用者は、薬を服用しないよりもよい睡眠をもっていない。 ベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピン系の文献レビューでは、これらの薬物は個々に公衆衛生上の不当なリスクをひき起こし、長期的な効果のエビデンスに欠けると結論づけている。 睡眠薬は、最小有効用量で数日間だけのために処方されることがのぞましく、高齢者については可能な限り完全に禁止すべきである。 そのリスクには、依存や事故、その他の副作用がふくまれる。長期的服用者については、段階的な断薬が睡眠を悪化させずに健康改善につながる。