不安神経症の保険

不安神経症の保険

不安神経症の保険 強迫行為とは、不快な存在である強迫観念を打ちけしたり、振りはらうための行為で、強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感がともなうためになかなか止めることができない。 強迫性障害の患者の主要な問題は、患者の三分の一は強迫観念であり、のこりの三分の二の患者は強迫行為である。 その行動は患者や場合によってことなるが、いくつかに分類が可能で、周囲から見て全く理解不能な行動でも、患者自身にはなにらかの意味付けが生じている場合がおおい。 大半の患者はみずからの強迫症状が奇異であったり、不条理であるという自覚をもっているため、人知れず思い悩んだり、恥の意識を持っている場合がおおい。 そのため、自分だけの秘密として、家族などの周囲に内緒で強迫行為をおこなったり、理不尽な理由をつけてごまかそうとすることがある。 また、強迫観念の内容によっては罪の意識をかんじていることもある。 逆に自身で処理しきれない不安を払拭するために、家族に強迫行為をてつだわせようとする場合もある。 これは「巻き込み」とよばれる。